image01

アルバイトのカラオケに応募する前に、

アルバイトのカラオケに応募する前に、口コミを見てみませんか?
同じ職種のバイトでも場所によって雰囲気や仕事の量がかなり違ってきます。どのみちバイトするなら、楽しくやりがいのある時間にしたいですよね。口コミサイトなら実名が出ないのでリアルな情報を知ることができます。口コミを見て働きたいバイト先の実際の仕事内容や忙しい時間帯などが分かれば、自分の想定との食い違いを最小限にできます。
しかし中には、主観に基づく情報もありえるので、客観的に見極めることが大切です。

バイトをする時に注意する事を整理してみましょう。
何よりも念頭に置くことは、バイトだからと言って仕事を端折らないことでしょう。特に、ひと通り作業ができるようになってきたあたりで時々あるのですが、つい基本的な作業を流れ作業でやってしまったり、時間ギリギリに出勤してしまうようでは許されません。
他所の人にとっては、バイトだろうが社員だろうがその会社の窓口であることに変わりありません。自分に与えられた責任を果たすことが大切なのは、何の仕事についても共通ですね。

イメージバイトに応募するのに電話する時の注意点について確認しておきましょう。
アルバイトの面接は電話をかけた時から始まっているという通り、非常に大切です。
まず、早口ではなくて、明るい声で、聞く方のことを考えてしましょう。また、電話したい内容は前もって順序良く話せるようにしておきましょう。そして、履歴書と求人内容のメモを手元に用意して、質問されそうな内容に答える準備をして電話をすると、先方から何か聞かれても落ち着いて答えられます。
当然ですが、筆記用具とメモをすぐ取り出せる所に出しておくのが便利です。
バイトで効率的に働くにはどんな時間帯にシフトに入るのが正解でしょうか?
それはバイトの業種によって違いますが、端的に言うと、そのバイトが多忙な時間と、普通は中々シフトを入れたがらない時間帯です。
例えば、飲食店は休日の昼間がかき入れ時ですし、夜間は仕事より生活に重点を置く人が大多数のため、バイトが足りない所が多いです。自分の私生活と照らし合わせて、自分の空き時間と時給が高くなる時間帯が同じバイトを探すのがおすすめです。

バイトの友達を作るメリットは次のようなものがあります。
バイト先で友達ができる利点は、当たり前ですが、バイトが楽しめるだけでなく、仕事がやりやすくなること、勤務の調整が楽になるといった内容があります。その側面として、仲間割れした場合は不自然な空気になりますから、仕事中も友達感覚のままで仕事を蔑ろにすることでは困ります。
なので、仕事とプライベートを分けて働く人には職場で友達ができるメリットは沢山あるのです。

更新履歴

2013.10.01
»サイトをアップしました。